そのだ修光

そのだ修光

子育て

私の主張はこちらから

そのだ修光+アンケート第2段!子育てアンケート実施中です!

アンケートに答えて、子育ての現場の声を政界へ届けよう!アンケートにて寄せられた声をご紹介します。

妊娠・出産について政治に変えて欲しいこと

  • 保育園で無くてもいいけど、何らかの形での乳幼児保育の充実。規制緩和
  • 産めというが、産んだあとの整備がまだまだ。保育園幼稚園足りない、公園少ない、子供の音がうるさい、などの大人たちの声。育児中の身にとって肩身狭い社会なのは日本だけかと思います。その雰囲気・風土の改革をお願いします。
  • 出産費用がだんだん多くなるので病院に上限をつけてほしい
  • 安価にしてほしい
  • 安心して子供を産める世の中にしてほしい。
  • 子供を産んだ家庭に対して税制優遇が欲しい。

子育てについて政治に変えて欲しいこと

  • 保育園の園庭を広くして、教育の質を上げ、保育園をもっと文化的な場所にしてください。子育て世帯への経済政策を!
  • 時代に合った教育の提供
  • 公立といえども小学校入学時の必要資金はかなりの家計負担になる。その補助金を考慮してほしい
  • 共働きでも子育てができるような政策
  • 子供の数が多い家庭へ向けた支援をもっと充実させてほしい
  • 市町村からの子育てに関する支援及び補助金など。 地域の子育てに関する協力及び理解。
  • 教育費用の負担を減らしたい。

働き方について政治に変えて欲しいこと

  • 働き方革命を進めるとともに、経営者やマジョリティの人たちの意識改革を勧めてください。
  • フレックスタイムや在宅勤務導入企業に対するインセンティブ
  • 世のお母さんが疲弊しているのは、男性の育児参加がまだまだ。全体的に在宅勤務可能な社会、定時勤務可能な社会をつくってほしい
  • 介護従事者や福祉職員の処遇改善 介護保険施設でけではなく措置施設の職員にもポイントをしぼってほしい
  • 雇用の流動性を高めて欲しい。そうすることで、子育てがしやすい会社への転職や、一度仕事を辞めて子育てからの再就職も簡単になる。

うまく入力できない場合はこちらから。