タグ別アーカイブ: 議員

宮城県後援会MTG

介護、福祉を守る政治家 / 自民党 国会議員 参議院議員そのだ修光です。

宮城県そのだ修光全国老施協後援会のオンラインMTGが開催されました。

オンラインMTGを開催するにあたり、ご尽力を頂きましたそのだ修光宮城県老人福祉協議会 黒田会長に開会のご挨拶をいただきました。黒田会長から、「中村先生がお亡くなりなって、国政の場に同士の議員がいない間の冬の時代を経た。今、このようにそのだ先生が国政の場に活動してくださり、本当に感謝している。」という有り難いお言葉をいただきました。

宮城県の皆さまからは、たくさんのご意見を頂きました。

  1. 特養の3割が赤字経営です。地域密着型特養がたくさん作られており、小規模特養が増えています。地域密着型という観点も大変重要な視点ではありますが、経営が安定して、職員の採用や育成にも力を入れられる広域型特養を作る、ということも検討されるべきではないか。また、介護報酬の増額をお願いしたい。
  2. 介護職員の人材不足も深刻だが、看護職員の人材不足も深刻である。配置基準を7:1から10:1に戻して頂けないか。
  3. 外国人材は東京などの都会に集まっていく。地方も受け入れられるように、費用補助などをいただけないか。
  4. コロナ病床の確保に対して医療側には高額の助成がある。施設内療養費を出して頂き有り難いが、もう少し引き上げていただけないか。
  5. 特養の待機者が激減している。要介護3以上の要件を、特養待機者がいなくなっている地域については、要件を緩和してもらえないか。
  6. 特養の大規模改修について、しっかりとした財源をつけてもらえないか。また、建設計画も計画的にお願いしたい。
  7. 介護報酬の地域区分の影響で、都市部に人材が流れて、郡部の人材がいなくなってしまう。対策を考えて欲しい。

 

これまでのオンラインミーティングでも同様のご意見を頂いて参りました。本当に仰るとおりだと思います。介護・看護人材対策、特養のあり方の検討と意義の実現、施設整備・立替え問題等、これからしっかりと制度に反映して参りたいと思います。

 

閉会にあたり、木村副会長にご挨拶をいただきました。

宮城県の皆さん、どうも有難うございました。

 

そのだ修光全国老施協後援会、オンライン意見交換会1巡目、51箇所目が終わりました。オンライン意見交換会により、介護・高齢者福祉の現場から、様々なご意見を頂きました。全国老施協会の制度・政策会議で整理し、厚労省に要望を出していきたいと思います。

本当に有難うございました!

引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

埼玉県後援会MTG

介護、福祉を守る政治家 / 自民党 国会議員 参議院議員そのだ修光です。

埼玉県そのだ修光全国老施協後援会のオンラインMTGが開催されました。

オンラインMTGを開催するにあたり、ご尽力を頂きましたそのだ修光埼玉県老施協後援会 遠井会長に開会のご挨拶をいただきました。

埼玉県の皆さんから、「介護だけではなく、高齢者福祉の現場を知るそのだ先生が国政の場にいることが大変有り難い。ぜひ頑張っていただきたい」、という温かい激励を頂きました。
意見交換会ではご意見が出しにくかったかもしれませんが、ぜひ何かありましたら、公式ラインからでも、そのだ修光事務所にご連絡いただければと思います。

最後、埼玉県老人福祉施設協議会神戸副会長に閉会のご挨拶をいただきました。

埼玉県の皆さん、どうも有難うございました。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。