タグ別アーカイブ: グループホーム

LIFEに関する質問と厚労省回答

 

皆さん、LIFE導入に向けて、ご苦労をされていると思います。現場からの質問を多くいただいておりましたので、厚労省に問い合わせ、回答がかえって参りました。共有いたします。

特に、ICT導入支援事業の利用については、都道府県との調整が必要になります。国との話では、令和2年度第三次補正予算において、それまで1/2下限であったところから、3/4下限まで補助率を引き上げました。また、補助対象には、Wi-Fi機器の購入設置が含まれています。これには、居室までWi-Fi機器を引くことも含まれます。

具体的には、都道府県との調整がとにかく大事です。働きかけてくださいね。

コロナ禍の介護報酬改定。非常に大変かと思いますが、現場の負担をできるだけ減らせるように、引き続き、気を配らせたいと思います。

次の課題は、様々な計画書における重複項目について、入力作業を効率化させることかなと思っています。お困りのことがあれば、いつでもお声がけください。

よろしくお願いいたします。

年末のご挨拶

2020年は新型コロナウイルス感染症による災禍が世界中を襲い、大変苦しい一年でした。

重症化リスクの高い高齢者の生活を支える介護・福祉現場の皆様方にとっては、大変なご苦労をおかけしました。高齢者の命を守り、医療現場の今以上の逼迫をできるだけ抑えることができたのは、皆さんのお陰です。障害・児童福祉の現場の皆様方も、利用者の生活をしっかりとお支えいただき、どうも有難うございました。国民が安心して生活できるのは、皆様のお力添えがあるからです。心より感謝申し上げます。

この苦しい時を皆で乗り越え、来年は今よりも明るい一年にしたいものです。

良いお年をお迎えください。

令和3年度介護報酬改定 改定率+0.7%決定!

参議院議員そのだ修光です。介護報酬改定、コロナ対策の+0.05%を含め+0.7%のプラス改定となりました。厳しい財政の中「プラス改定の要素なし」と言われている中で介護現場を守らなくて「日本の安心が守れるのか!」と訴え、逆転できました。本当に良かったです。介護が国民の皆様に責任を果たせるようこれからも頑張ります!