そのだ修光

そのだ修光

ブログ

緊急事態宣言(2)

緊急事態宣言は初めての試みです。いろいろな課題が出てきます。迅速に対応することが求められます。

保育園問題

○保育園問題が出てきました。東京都内では、保育を続ける子供の保護者を警察官、消防職員、医療従事者に限定している自治体もあり、介護は事業の継続を行うにもかかわらず、預けられないという不安の声が届きました。
○厚労省の担当課に介護職に就く親も保育園が利用できるように要請しました。
→4月9日付で厚労省がQ&A通知発出。

保育所等における新型コロナウイルスへの対応にかかるQ&Aについて(第二報)(令和2年4月9日現在)

休園や登園自粛をする場合でも医療や介護・福祉、金融、物流などの仕事をしている人や、ひとり親家庭など仕事を休むことが難しい人の子供の保育は行うよう求めている。

東京都内では、保育を続ける子供の保護者を警察官、消防職員、医療従事者に限定している自治体もあり、同省は再検討を求めた。

読売オンライン 記事 2020/04/10

発症した保育士、介護職員の検査の問題

○高熱が出た保育士がなかなかPCR検査が受けられず、子どもたちや家族への影響を考え、最終的には救急車を呼んで検査してもらった、という事例発生。
○キーワーカーの子どもを見ている保育士です。発症したら迅速に検査ができる体制が必要なのではないでしょうか。
○同様に、高齢者を守っている介護職員も発症したら迅速に検査ができるよう、お願いしました。
○早速、対策本部に掛け合ってくれています。