そのだ修光

そのだ修光

ニュース

月刊 老施協 2021年7月号

介護・福祉の強靱化に向けて

全国老施協常任理事・参議院議員 そのだ修光

新型コロナウイルス感染症のまん延は人と人との関わりや人の流れを抑え、経済活動を妨げるばかりか、人口減少や少子高齢化にも拍車をかけかねない重大な政治課題です。

これをいかに抑え、介護現場を守っていくか。この難題に対し、国会の場で、高齢者施設におけるPCR検査の実施、職員応援派遣体制の強化、ワクチンの接種促進の実現等に努めて参りました。

目下ワクチン接種が進みつつありますが、各高齢者施設におかれましては、高齢者、ひいては国民の生命と生活を守るため、引き続きのご対応をお願いいたします。

今回の介護報酬改定をもって全国老施協が提唱した科学的介護の導入が本格化することになります。

介護現場にICT(情報通信技術)機器などの導入を進め、文書業務のデジタル化などで負担を軽減し、介護職がヒューマンケアに集中することで、より質の高い介護サービスを提供できる職場環境をつくることは、ともすれば誤った負のイメージを持たれがちな介護の仕事の新たな姿や魅力、価値を広く世の中に発信し、若者に憧れられるような仕事にしていくことにもつなげられるはずです。

政府が目指す「介護離職ゼロ」を達成するには、介護・福祉を量・質ともに充実させていかなければなりません。

政府の「骨太方針2020」や「成長戦略実行計画」等が出揃い、次年度予算の編成も始まります。

介護が必要となっても最後の瞬間まで自分らしく生きられる社会、「長生きしてよかった!」と心から思える社会を目指し、共に歩んで参りましょう。

PDFをダウンロードして読まれる場合は下の青いボタンからお願いいたします。

PDFをダウンロードする