そのだ修光

そのだ修光

ブログ

島根県後援会MTG

島根県後援会オンラインMTGが開催されました。

開催にご尽力をいただきました島根県後援会原会長に開会挨拶をいただきました。

皆様から温かいご声援をいただきました。

これまで福祉や介護に関わる人たちの間は政治に関わってはいけない、といった認識が広がっていたと思います。しかし、国会の中で声を挙げていかなければ、国の政策も予算も確保することはできません。

介護・高齢者介護の現状を伝えていく。例えば、コロナ対応、医療は大変であることはわかりやすいですが、介護現場がコロナとどう関係するかは言わなければ伝わらないことです。介護も体の弱った弱い高齢者の命を預かり、皆で守っているんです。たくさんの感染者を出せば医療逼迫の原因を作ってしまう。徹底的に感染予防をしなければなりません。徹底的に感染予防をしていても、利用者も職員も感染することもあります。しかし、利用者が感染しても、医療機関は逼迫していて入院することはできません。介護職員が必死の努力で、療養支援をしながら、介護をしているのです。そのような状況は、声を出して、伝えていかないとわからないのです。だから、支援してください。国民にしっかりと介護・高齢者福祉を提供するために、必要なんです、と。

皆さん、一緒に声を上げていきましょう。

閉会の挨拶として、島根県老施協手銭副会長より激励をいただきました。

有難うございました。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。