そのだ修光

そのだ修光

ブログ

9月活動記録

9月6日

    今朝の北海道での地震、昨日の関西における豪雨に被災された皆さまに、心中よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。本日は、参議院災害対策特別委員会理事で、西日本豪雨災害の被災地である岡山を視察しておりました。大変な被害であり、対策を急がねばと思いました。来週には、本日の北海道地震や昨日の関西豪雨についても理事懇談会が開けるのではないかと思います。全力で取り組みます。

9月8-11日

    沖縄県に行ってまいりました。沖縄県の9〜10月は、異例の選挙尽くしです。この1~2ヶ月間で県知事選挙、宜野湾市、那覇市等の首長選挙等が実施される予定です。政策の実現には政府との対立関係ではうまくいきません。県民に適切な高齢者福祉、介護を届かせるため、県知事選挙予定候補者 佐喜真淳氏、宜野湾市長選挙予定候補者 松川正則氏、那覇市長選挙予定候補者 翁長政俊氏を推薦します。

9月11日

    本日は千葉にて、全国老施協関東ブロック研究総会に参加しています。利用者の尊厳を守るためには、まずは職員の尊厳を守ること。尊厳に立つ介護を実践し、介護業界で働きたいと言われる介護にしていきましょう!と申し上げました。

9月11日

    北海道老施協会長の瀬戸理事よりこの度の北海道胆振東部地震の被害報告と要望を受けました。14日に石川全国老施協会長とともに北海道に行き、被災地の施設を視察を行います。必要な支援を届けられるよう尽力いたします。

9月13日

    こんにちは。要望を受けた北海道胆振東部地震の最大被災地となった3町が激甚災害指定となりました。ひとまず大変良かったです。

    さて、いま福島で、全国老施協東北ブロック研究大会に参加しています。今回の北海道胆振東部地震もですが、災害が起きたら地域の皆さんを助ける、それが社会福祉法人です。しかし、人手不足が続いています。早く活気ある職場に戻さないといけません。消費増税から毎年1000億、介護人材につけてくれることになりました。介護で働く人々が仕事に誇りを持ち、子どもに勧めれれるくらいの給与や働きがいのある職場にしたい。引き続き全力で取り組んでいきます。

9月14日

    北海道胆振東部地震の被災地、厚真町、むかわ町、安平町の施設を視察し、状況把握と必要な支援についての要望を聞いてまいりました。大変な状況です。復旧がスムーズに進むよう、迅速に災害対応していきたいと思います。

9月16日

    ご長寿、おめでとうございます。皆さまのおかげで、私自身も、介護の現場で働く職員も、日々色々なことを学ぶことができています。有難いです。これからもお健やかに。

9月18日

    本日は愛知県老施協施設長会議に参加して、国政報告をさせていただきました。

9月24日

    総裁選が終わりました。ご協力を誠にありがとうございました。これからも、安倍総裁のリーダーシップのもと3年間、日本の発展に尽力して参ります。

    さて、本日は、鹿児島市南部老人連合協議会スポーツ大会でした。お元気な皆さまのパワーをいただきました。ありがとうございました!

9月25日

    現場発信!タウンミーティングを鹿児島で開催中。

9月28日

    主にベトナムで日本向けの外国人労働者の人材育成に取り組まれている株式会社ソーイングボックスの菅沼蔵人さん他と、ベトナムにおける外国人技能実習生の人材確保や送り出し、日本側の受け入れ体制などについて意見交換をいたしました。菅沼さんは高級アパレルや各種ユニホームの縫製を手がける企業の3代目。縫製業界は30年前から外国人の力を借りており、外国人労働者の文化、マネジメントや育成に精通されているようです。”神は細部に宿る”ではないですが、技能実習制度や新たな在留資格などで今後多くの外国人労働者を受け入れるにあたり、日本が受け入れ先としての競争力のある環境にするためには制度やビジネスモデル含むシステムの細部を詰める必要があるのだと思います。大変興味深くお話を聞かせていただきました。